2011年09月20日

ほくろ



ほくろで悩む方が意外と多く、美容整形外科などでレーザーで取ってもらおうと、手術をしたら、火傷を負わされて、手術跡がケロイドになってしまっ他などと言う話を良く聞きます。たかがほくろの治療と言えども、安直に考えると大変なことになる良い例です。


ほくろは、紫外線によって細胞の一種メラノサイトがメラニンをつくり出してできるもので、誰でもほくろの5,6個は体のどこかにあるものです。ほくろの原因は主に紫外線と言われていますが、オゾン層が年々破壊されていますから、それだけ紫外線の浴びる量が多くなり、ほくろで悩む方が多くなっていると考えられます。


ほくろの種類は大きく分けて、単純黒子(たんじゅんこくし)と母斑細胞母斑(ぼはんさいぼうぼはん)の二つがありますが、単純黒子は皮膚の上に出来るソバカスのような細かいほくろで、色は茶色や黒であまり大きくなるものではありませんが、大きくなっても1,2センチ程度です。母斑細胞母斑は、ほくろの中でも皮膚の深部でメラニンが生成されるため、最初は小さなほくろとして現れますが、徐々に大きくなる傾向があり、厄介なほくろと言えます。


レザー治療の場合、単純黒子と母斑細胞母斑とでは、レーザー治療の場合、難易度が違います。と母斑細胞母斑の場合は、特にレーザー照射の出力調整が微妙になってきます。ほくろ除去のレーザー治療のトラブルの多くは、医師が単純黒子か母斑細胞母斑かを事前に十分チェックして、レーザーの出力を適切に調整していない事が原因になっています。レーザー治療中に、焦げ臭い臭いをさせるような医師は、はっきり言って論外と言うか、直ぐに治療を止めてもらうほうが無難です。


美容整形外科で行なわれるレーザー治療でも、ほくろの除去は、ほくろのメラニン色素だけに反応するレーザーの特性を生かした治療法ですから、他の組織を焼ききるような事はないはずで、火傷を負わせるような出力の高いレーザー治療を平気で行なおうとする医師に、医師の資格はないと言えます。


最近ではレーザー治療ではなく、高周波を使った、より安全なほくろの治療方法が開発されて、評判も良いらしいですが、まだまだ一般の美容整形外科クリニックに普及しておらず、治療費も割高です。ほくろを安全に除去したい場合は、信頼できる美容整形外科のクリニックを探す事ですが、施術に先立って、キチンとカンセリングを行い、同じ医師が施術にあたるところを選んだほうが無難です。


ラベル:ほくろ
posted by 智恵蔵 at 11:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月19日

ボクシング



ボクシングは、スポーツとしては最も古い格闘技として行なわれていたスポーツですが、近代ボクシングになって、より高度なテクニックを駆使するスポーツに進化してきました。リアルファイトと言う意味では、格闘技系の興業でボクシングに勝るものはないでしょう。それだけ格闘技として確立されたものであり、日本でも世界でも人気が高く、レスリングや柔道とともに格闘技系のスポーツとしてオリンピックに採用されている数少ないスポーツです。


しかし打撃系の格闘技だけあって、プロのボクシングでは、試合中の死亡事故も多く、ルールも以前に比べて、ラウンド数やレフリーやドクターストップを厳しく採用されるようになり、ボクシング選手の安全が図られるようになっています。


ボクシングの歴史は、黒人運動の歴史でもあり、モハメド・アリなどのスーパースターを生み出してきましたが、彼もパンチドランカーになっているように、彼のライバルであった、ジョンフレーザーなども障害に苦しんでいます。


日本でも日本で始めて世界チャンピョンになった白井義男や3階級制覇に挑んだファイティング原田、伝説のチャンピョンの、ビセンテ・サルディバルや、ベン・ビラフロアに勝った柴田国明など、そうそうたるチャンピョンがかってはいましたが、今のボクシング界の現状は、アマチュアに毛の生えたような実力しかない亀田兄弟が話題になる程度のお寂しいもので、同じ世界チャンピョンと言っても、チャンピョンと言うのが差し控えられるような、惨憺たる状態です。


日本が裕福になり、ハングリーなスポーツであるボクシングに、チャンピョンとなる人材がいなくなったと言う事は無理からぬ事ですが、それを無理やり実力のないタイのボクシング選手をつれてきて、マッチメイクをさせて、世界チャンピョンにしてしまう傾向は、個々10,20年続いています。


背景にはテレビ局のチャンピョン戦のマッチメーキングがあり、視聴率を稼ごうと無理やり世界チャンピョンを作ってしまうものです。過去の名チャンピョンは、相手のホームでチャンピョンタイトルを奪い取ってくるのが普通で、日本国内でチャンピョンを呼んできて世界戦を行なうなど考えられない事でした。


そうした視聴率重視のボクシング業界の傾向が、日本おボクシング低落の傾向を一層拍車をかける形になっています。かってのベン・ビラフロアと柴田国明の対戦は、まさに芸術的なボクシングであり、スローモ−ションにしてもパンチが見えないベン・ビラフロアのショートパンチと、それをかわす柴田国明の縦のウエービングは、今のボクシングとは次元の違うスーパーテクニックでした。


ラベル:ボクシング
posted by 智恵蔵 at 11:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

ボウリング



ボウリングが最近復活の兆しを見せ始めていますが、勝手のボーリングブームのときと違って、ネコも杓子もと言った、熱狂的なブームと言うよりは、スポーツとして人気になっているといえます。ボーリングの愛好家は、他のスポーツから比べると年齢が高く、ゴルフ同様ボーリングも、ボーリンググッズや理論に拘る人が多いと言えます。


ボーリングはその起源をたどると紀元前のエジプト遺跡から、ボーリングに使われるようなピンやボールの原型らしきものが出土されていますが、文献的にはプロテスタントの祖と言われるマルチン・ルターがドイツでボーリングらしき事を行い、倒したピンの数で物事を占ったとされる記録があります。


現在のボーリングの原型は、ピューリタンであるアメリカの移民が行ない始めた「ナインピンボール」と言われていますが、日本にボーリングが持ち込まれたのは江戸時代末期の長崎で、ボーリングらしきゲームが行なわれ、かの坂本竜馬も遊んだと言われています。1970年代に一大ブームを迎え、須田開代子や中山律子などの女子プロボーラーの人気もあって、全国にボーリング場が乱立されましたが。


石油危機などの影響で下火になりましたが、1988年のソウルオリンピックでエキジビションゲームとしてボウリングが行なわれるほど、日本以外のアジアやアメリカでは根強い人気を示してきたボーリングが、四半世紀の時を経て、再び日本でも人気になってきたのは、かったのボーリングブームを知る人には、懐かしさと昭和へのノスタルジーを感じさせるモノがあるらしいです。


そうした歴史を持つ日本のボーリングは、地上波のテレビ番組も製作されるだけでなく、CSやBSの衛星放送でも専門番組が放映されていて、世界大会も行なわれるようになっていますから、ほぼゴルフなどのスポーツと同様、プロのトーナメントも定期的に開催され人気になっています。インターネットでも、ボーリングを紹介したサイトは数多く開設されていますし、ボールやシューズウエアやその他のボーリンググッズが通販で販売されており、着実にボーリング人口は増えてきています。


高齢化社会を迎えた日本にとって、中高年の人にとっては、かって取った杵柄ではありませんが、ボーリングブームの時に、夢中になっていた人は多く、それらの人が中心となって、ゴルフよりもお手軽で、安い費用で楽しめるボーリングが復活してきたのだと考えられます。どちらにしてもストライクを取ったときの爽快感は、ストレスの多い現代社会においては、ストレス解消法としてもお勧めです。


ラベル:ボウリング
posted by 智恵蔵 at 10:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。