2011年10月17日

マルイ



マルイも以前の赤いカードのマルイから、紆余曲折を経て、マルイのエボスカードをビザカードと提携して発行しましたが、マルイも囲い込みの戦略からオープンなクレジットカードで、同じ土俵で他社と競う事になり、その企画力を試される時代を迎えたと言えます。


百貨店としてのマルイは、相変わらず若者中心の戦略を取っていましたが、エボスカードが新たに追加されるとともに、マルイカードが廃止され、長い赤いカードの歴史も幕を閉じ、ICチップ内臓のエポスカードが取って代わるわけですが、ビサカードのクレジットカードとしての機能がメインであって、マルイの赤いカードのように自社の決済システムではなく、三井住友銀行の決済システムを利用する形になり、その意味では、グループ統合の一貫の流れの中で行なわれたカード入れ替えと言えなくもありません。


最近マルイの創業者2代目の青井忠雄会長が取締役を退いたことで、創業者一族の世代交代が進むとともに、業界内での業務提携が進むと考えられます。三井グループや住友グループ内のここ最近の世代交代は、目を見張るものがあると同時に、東急百貨店とマルイ、パルコとマルイと言った業務提携が進みつつあり、近い将来流通業界でも大きな再編があるのではないかとささやかれつつあります。


西武百貨店はそごうと実質的な合併状態になり、台風の目は、マルイと東急百貨店あたりが、なにやら雲息が怪しくなり、今後の展開から目が離せなくなっています。三井住友銀行を中心としたクレジットカードのグループ内の統廃合は、即ち流通業における再編を意味していると考えるならば、マルイがエポスカードの提携先に三井住友ビザを選択した事は、意味深いと言えます。


マルイも銀座に店舗進出して、今までの若者層だけでなく、幅広い年齢層をターゲットにした高級品志向の業態変更を図っています。今後業態変更をどのように行なうかで、マルイのある程度の方向性が見えてきますが、どちらにしても収益性を改善する事が出来なければ、消費者金融紛いのローンで利益を見込めなくなった今、丸井は崖っぷちにいると言えます。本業の百貨店事業でかってのマルイ隆盛を取り戻す事が出来るかどうかは、マルイの創業者3代目の肩にかかっていると言えますが、どちらにしても業界再編の嵐は避けられない時代の趨勢であり、時代の一歩先を行く戦略が、今の百貨店業界が目指すところですが、いまだ明確なビジョンを示している百貨店はないと言えます。


ラベル:マルイ
posted by 智恵蔵 at 11:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月12日

マピオン



マピオンは、地図の検索サイトですが、住所やランドマークになる施設、地名や駅と路線名などで地図検索を行ない、その日の天気や周辺の住宅情報など地図情報とともに表示され、今までの地図検索サイトより、充実した情報が特徴です。


またマピオンでは「乗換+徒歩ルート」や「キョリ測」などのユニークなサービスが用意されています。マピオンの「乗換+徒歩」サービスでは、出発地と目的地を指定すれば、目的地までの最短の乗り換え経路と、駅から目的地点までの徒歩ルートまで検索出来る手の込んだサービスです。徒歩ルートだけを検索する事も可能です。


マピオンの「キョリ測」は、ある地点からある地点までの距離を測る機能で、散歩やウォーキングのルートを決める場合に重宝する機能です。さらにジョギングやウォーキングなどダイエットツールとして、消費カロリーの計算もできると言うすぐれモノです。


マピオンには、無線LAN(Wi-Fi)対応のPCがあれば、PlaceEngineクライアントソフトを使ったナビゲーションサービスが受けられます。無線LANの基地局を使ったGPS機能ですが、関東や北陸だけに限定されたサービスですが、何より無料サービスですから嬉しい事です。


マピオンには「マピオンラボ」と言うページがあり、マピオンのシステムを利用したアイデアツールが無料で公開されています。マビオン3Dなどは、最近「グーグルアース」などが取り組んでいる3Dのマップ検索で、限定ながらかなりの精度を誇っていますし、「ここでねマピオン3D」は携帯電話でも閲覧できる3Dや2Dの地図作成ツールです。ほかにも「マピオンタッチ」はiPODタッチ用の地図が出来てしまうツ−ルも用意されていて、なかなか使いでのあるものばかりです。


マピオンには固定カメラによるライブ映像の配信サービスもあり、一通りのマッピングサービスが用意されていて、グーグルや駅スパートなどの人気のソフトのいい所取りをしているようなソフトが利用できる、新世代型の地図検索サイトと言えます。


マピオンも最近のIT業界の傾向で、モバイルコンテンツにかなり力を入れており、携帯電話をモバイルツールにしたコンテンツやソフトの充実に躍起のようですが、3Dなどのマップ情報の収集に関しては、グーグルにしてもマイクロソフトにしても悪戦苦闘していますが、マピオンもこれから3Dマップが普及していった時、どれだけメジャーサイトのサービスに対抗していくかが、今後の課題と言えます。


ラベル:マピオン
posted by 智恵蔵 at 10:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

マクロビオティック



マクロビオティックは、桜沢如一が考案した日本古来の食生活をベースにした食生活法や食事療法を意味していますが、大体今の自然食と言われる玄米食や自然食、野菜を中心にした菜食などの理論的な根拠とされています。


桜沢如一のマクロビオティックのルーツは、明治時代の乾パンや乾燥野菜などを発明した石塚左玄の医食同源としての食養と言う考え方を発展させたものです。現在は桜沢如一の考案したマクロビオティックの考え方を更に発展させたいろいろな食事法が提案されていますが、基本はマクロビオティックである事に違いはありません。


マクロビオティックの主食は玄米や雑穀などですが、農薬を使わない有機栽培された野菜や豆類をおかずとして食べ、砂糖などは極力避けて、甘味に関しては、水飴や甘酒、甜菜糖、メープルシロップなどを用いるとされています。こうしたメニューは寺社などで供せられる精進料理に近いものですが、厳密にカテゴリー分けされていますが、漢方の中医学とは異なっており、桜沢如一本人お独自の考案によるものです。漢方のミネラルを中心とした陰陽調和と言う影響がかなり見られますが、アメリカなどでは1970年代からマクロビオティックは注目を浴びていましたが、最近マドンナやトム・クルーズらがマクロビオティックに信奉するようになって、逆に日本でも紹介される事になり、マクロビオティックの再評価がなされてきたと言えます。


最近の自然食ブームやヨーロッパのスローフード運動と無縁ではありません。基本的には有機肥料と無農薬の野菜や穀類中心の食事療法で、近代以前の食事に回帰して、自然の恵みをダイレクトに享受しようとするものです。マクロビオティックの効果は、人間の自然な抵抗力や免疫力を、自然食から得ようとするもので、がん治療などの食事療法に採用されるほどで、最近のメタボリックシンドロームなどの食事療法にも効果があるとされています。


海外での評価は、桜沢如一の母国である日本より評価が確立されており、スミソニアン博物館にもマクロビオティックの資料が永久保存されているほどです。こうした流れを汲んで、日本でもマクロビオティック専門のレストランがオープンしたり、食料品店でもマクロビオティック専門のコーナーが出来たりと、次第に普及してきています。ただ悲しい事に自給率の低い日本で、自国の食品だけで、需要を満たす事が出来ないため、多くの食材を輸入に頼っているため、マクロビオティックを実践する事が困難な状況にあると言えます。


posted by 智恵蔵 at 11:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。