2011年06月29日

ハリーポッター



ハリーポッターを知らない人というのは、日本国内でもごく少ないだろうと思います。


二十世紀末のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリーポッターとそれを取り巻く魔法世界を描いた本作は、現在全世界で累計数億部を売り上げる大ヒットを飛ばしました。


これはそのシリーズの初期から際立っていて、シリーズ第一巻である「ハリーポッターと賢者の石」はロンドンのブルームベリー出版から刊行された直後に、全く無名の新人作家の初作であるにも関わらず大好評を白紙、瞬く間にベストセラーになったという経緯があります。


一応児童文学という体で売り出されていますが、その読者層は子供のみにとどまらず、大人や老年層にも愛読され、世代の枠を超えたファンを獲得しています。日本語版のタイトルは必ずハリーポッターの○○と○○という形をとっています。


2007年にはついにシリーズ最終巻の原書が発売され、国内でも翻訳が待たれている状態です。


またこの国内での翻訳出版の権利を持っている静山社についての話もなかなか興味深いものがあります。静山社はもともと1979年創業の出版会社なのですが、創設当初から民衆史や闘病記などの出版を中心に行ってきた社会派の出版社でした。特に1986年からは筋萎縮性側索硬化症の患者手記を多く出版しており、ALSに関する書籍も数多く刊行してきました。同時に創業者であった松岡幸雄は日本ALS協会を設立し、支援にも尽力しています。


しかし1997年、その松岡幸雄が死去し、妻だった松岡祐子が取締役を引き継ぎました。


この当時は会社の経営も芳しくなく、夫を無くした哀しみもあってか、静山社新社長松岡祐子は底辺の状態だったことを後に語っています。


しかし、このつらい二年間の後、松岡はハリーポッターと出会うことになるのです。既に海外で大ブームになっていたハリーポッターの原書を読んだ松岡は最初「こんなに面白いんだからもう大手の出版社が権利をとってるんだろう」と諦め気味だったそうです。しかし確認をとってみたところ、その時点で日本の出版社でハリーポッター翻訳の権利を有している会社はなく、静山社に絶好のチャンスが舞い込みます。


そうしてそのチャンスをしっかりとキャッチした静山社は、初の文学作品にしてベストセラーという、ある意味で原書のヒットをなぞるような経緯をたどりました。


そもそもこの松岡女史とハリーポッターの出会いは知人を介してのものだったらしいですが、やはりどこかで「魔法」が働いていた、と考えるのもロマンがあっていいかもしれません。


posted by 智恵蔵 at 11:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。