2011年08月30日

フレンチブルドッグ



フレンチブルドッグは、そのルーツはイギリスのブルドッグですが、イギリスの繊維職人が、フランスのリヨンに移住する際に一緒に持ち込まれたといわれています。フレンチブルドッグに限らず、ブルドッグは牛と戦わせる闘犬として改良された犬種ですが、動物愛護の運動が起こって、闘犬禁止法令によって闘犬が廃止され、徐々にブルドッグも家庭の番犬として改良されていきましたが、フレンチブルドッグは、イギリスのブルドッグより小型で19世紀後半から20世紀初頭にはフランスで人気のある犬種としもてはやされました。


フレンチブルドッグは、イギリスのブルドッグに小型犬のパグやテリアなどと掛け合わされて作出されたとされていますが、20世紀初頭にはアメリカに輸入されアメリカでも、ケンネルクラブが設立されており、近年人気が高まっていますが、遺伝的な欠陥として、股関節の形成不全や呼吸器官の障害など、問題の多い犬種と言えます。


フレンチブルドッグも一時絶滅の危機に瀕したこともありましたが、熱心なブリーダーたちによって繁殖され、犬種として守られてきましたが、その過程で現在のようなスタイルに改良されていったと言えます。その小柄な体形ににあわぬパワーの持ち主で、初めてフレンチブルドッグを購入しようとするならば、メス犬をお勧めします。オス犬のフレンチブルドッグは、小型犬ではなく、中型犬として見たほうが良いくらい、パワフルな犬種で、パグとは比べものなりません。


躾をきちんとしないと、吠え癖や噛み癖がつきやすく、注意が必要です。運動も中型犬並に行なう必要がありますし、呼吸器系が弱いので、夏場はクーラーなど空調が効いた部屋で飼育必要がある反面、寒さにも弱く、意外と体温調整が難しい犬種です。体形的に言っても、フレンチブルドッグのブリーディングは難産が多く、大変です。


フレンチブルドッグの性格は、パワフルで悪戯好きですが、明るい性格ですが、食欲は旺盛で肥満になりやすく、太ってしまうといろいろ病気にかかり易いところは、人間と変わりません。


フレンチブルドッグも、パグ同様コティッシュな表情から、中小型犬の中では人気の高い犬種と言えますが、改善されたとは言え、中には闘犬の性格が強い子もいますから注意が必要ですが、成犬になる前にキチンと服従訓練をしておけば、問題はありません。何より犬としての自覚を持たせ、人間扱いしないことです。肥満が心配なフレンチブルドッグには、人間の食べ物は絶対に上げないで、良質なドッグフードを上げてください。


posted by 智恵蔵 at 10:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。