2011年10月10日

マクドナルド



マクドナルドと言えばハンバーグですが、BSE問題以降マクドナルドも牛肉の安全対策には苦労があるようで、マクドナルドの新製品には牛肉以外の素材を使ったモノが多くなっています。ソーセージやベーコン、チキンなどを使った製品が多くなってきているマクドナルドですが、マクドナルドの食の安全に対する取り組みは、徹底したもので非常にシステムアップされた管理が行なわれています。


アレルギーに関し手の情報公開はもとより、カロリーや栄養成分のデータ公開は当たり前で、生産地オーストラリアに限定された牛肉が使用され、マクドナルドは製品は、原材料から最終製品に至るまでの一貫した品質管理、衛生管理がなされていますから、少なくともBSEに関する心配はないと言って良いでしょう。素材の生産から加工、それに関わる運送の全てにおいて追跡調査が可能であり、その徹底振りは、マクドナルドならではと言えます。


とは言え、食材として安全でも、マクドナルドのハンバーガーが高カロリー食品である事に間違いはなく、メタボリックシンドロームなどの心配のある方にとって、マクドナルドのメニューはどれをとっても勧められるものではありません。そうした肉食対する見直しの風潮は、マクドナルドにとって向かい風となっていますが、インターネットなどで製品の栄養バランスについて情報を公開していますが、マクドナルドのハンバーガーが悪いと言うより、それを購入して食する消費者の意識の問題で、どんな情報を公開してもマクドナルドのハンバーガーが低カロリーになるはずもなく、自分で抑制するしかないわけです。


マクドナルドと言えば、管理職の残業問題で、社員の勤務制度が批判の的にされ、直ぐに改善するあたりは、いかにもアメリカ流のモラルハザードを回避した対応の早さに感心させられますが、もともとわかっていた事ですから、言われる前に行なっていればまだしも、評判を気にしての妥協策といわれてもしょうがない事です。価値組みと言われる企業が同じことをやっていたわで、対応の速さだけは、一応評価できます。


食の安全を謳いながら、マクドナルドも企業としての生き残りのために社内的には、不合理な事もあると思いますが、結局マクドナルドのハンバーグが、大きな意味でメタボリック対策にとってどうかと言う根本的な自己評価を公開していない事は、どこか矛盾した論理のように思えてしょうがありません。結局論理のすり替えに終始しているのが今のマクドナルドです。


ラベル:マクドナルド
posted by 智恵蔵 at 15:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

マカフィー



マカフィーと言えば「ウィルスバスター」と言うウィルス対策ソフトウェアで有名な会社ですが、最近はウィルス対策ソフトウェアの種類も多く、以前ほどシェアを独占しなくなったとは言え、台湾発のアジア製ウィルス対策ソフトウェアの会社として、ウィルスに関する情報は、相変わらずきめ細かく公開しています。


最近のマカフィーの研究チームの報告によると、「標的型攻撃」と言うタイプのウィルス攻撃が流行っていて、特定のファイル形式や、マイクロソフトのオフィス製品のファイル、ジャストシステムの一太郎などのファイルや、アドビのアクロバットファイルなどに忍ばせた、木馬タイプのウィルスの被害が急増しているようです。


メジャーなメーカーのソフトウエアのファイルにウィルスを忍ばせる方法は、マイクロソフトのオフィス製品のファイルに以前より多数存在していましたが、最近特に目に付くのは、アドビのアクロバットファイルに限らず、どんなファイルにしろ、メールなどに添付されているファイルは、注意が必要であるとマカフィーの担当者も警告しています。


マカフィーのレポートで最近話題になっているのが、携帯電話での決済に関するレポートです。モバイル・セキュリティに関しては、以前からマカフィーだけでなくノートンシステムズなどからも警告が発せられていましたが、モバイル系ウイルスはPCのウィルスに比べて数は少ないですが、徐々に新種のウィルスが出てくるようになり、本格的に蔓延すると、PCの被害どころの規模ではすみませんし、お財布携帯やクレジット決済などへの被害も甚大になり、モバイル端末を利用した決済システム普及にとって大きな障害になりかねません。


マカフィーでは、スパムや迷惑メールを受け取っている携帯利用者は、30%近くに上っており、今後モバイル系ウイルス蛾進化して高度化した場合の危険性を警告しています。いよいよモバイル系ウイルスが現実味を帯びてきましたが、ヤフーがマカフィーとインターネットのウエッブ検索をする際の安全性向上を図る上で、業務提携を行なうとの報道がありましたが、ヤフーなどの検索サイトも、高度化するウィルス対策には手を焼いているようで、最終的にはウィルス対策の専業会社であるマカフィーに頼らざるを得ないのでしょう。今後はモバイルサイトの急増に伴って、モバイル対策についても、個人の責任で対応していく覚悟が必要と言えますが、そこまで意識している人はしく無いのが現状です。


posted by 智恵蔵 at 10:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月04日

マイケルジャクソン



マイケルジャクソンも、御年50歳を超えて益々その変人振りを強めていますが、実力派アイドル路線を突き進んできたマイケルジャクソンも、流石に年には勝てないようですが、それでも若い時同様のプロポーションを保っているのは立派です。


マイケルジャクソンの父親も昔はR&Bバンド「ファルコンズ」でギタリストをやっていた人で、音楽一家の家庭に育って、1966年4人の兄たちと「ジャクソン5(ジャクソンファイブ)」でデビューして以来、スタートして君臨してきましたが、モータウンレーベルの最後のスーパースターと言える存在で、その頃のマイケルジャクソンを知る人も少なく、小さな頃の天才ぶりはもはや伝説となっていると言ってもよいでしょう。


ソロになって彼をスーパースターに押し上げたのは、紛れもなく名プロデューサー、クインシー・ジョーンズですが、彼無くして現在のマイケルジャクソンは存在しなかったでしょう。今ではクインシー・ジョーンズを知らないでマイケルジャクソンのファンと言う人も多く、嘆かわしい限りですが、その頃のマイケルジャクソンは、ダンスもさることながら、クインシー・ジョーンズのプロデュースが冴え渡り、音楽的にも高いものでした。


マイケルジャクソンと言うと直ぐにムーンウォークなどのダンスばかり有名になって、歌唱力に関してあまり話題になりませんが、本来であれば歌唱力だけでも抜群のパフォーマンスを誇っている、アメリカのミュージックシーンでも5本の指に入る歌唱力の持ち主です。そのマイケルジャクソンが、ビジュアルパフォーマンスに重点を置きすぎて、年の取り方を誤ってしまった事は残念です。


それに過剰な整形手術によって、原形を止めないほど変形した顔は、年を取れべ取るほど、仮面のように無表情になり、醜くなっています。それに追い討ちをかけるような幼児趣味は、病的とさえ言えるイメージをマイケルジャクソンに植え付けてしまいました。


最近日本で行なわれたマイケルジャクソンの公演は、お世辞にもコンサートと言う代物ではなく、単にマイケルジャクソンフリークの顔見世興業のようで、彼の音楽性などは関係ないようです。実際今のマイケルジャクソンに何を求めるかと言えば、昔の栄光しかありませんから、今回の公演もしょうがない事かもしれませんが、もはやマイケルジャクソンは過去のスーパースターと言う事になってしまい、全盛期のマイケルジャクソンを知る者にとっては、早く引退してほしいところです。


[管理人注]

この記事は2008年5月当時のものです。


posted by 智恵蔵 at 15:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。