2011年09月14日

ボウリング



ボウリングが最近復活の兆しを見せ始めていますが、勝手のボーリングブームのときと違って、ネコも杓子もと言った、熱狂的なブームと言うよりは、スポーツとして人気になっているといえます。ボーリングの愛好家は、他のスポーツから比べると年齢が高く、ゴルフ同様ボーリングも、ボーリンググッズや理論に拘る人が多いと言えます。


ボーリングはその起源をたどると紀元前のエジプト遺跡から、ボーリングに使われるようなピンやボールの原型らしきものが出土されていますが、文献的にはプロテスタントの祖と言われるマルチン・ルターがドイツでボーリングらしき事を行い、倒したピンの数で物事を占ったとされる記録があります。


現在のボーリングの原型は、ピューリタンであるアメリカの移民が行ない始めた「ナインピンボール」と言われていますが、日本にボーリングが持ち込まれたのは江戸時代末期の長崎で、ボーリングらしきゲームが行なわれ、かの坂本竜馬も遊んだと言われています。1970年代に一大ブームを迎え、須田開代子や中山律子などの女子プロボーラーの人気もあって、全国にボーリング場が乱立されましたが。


石油危機などの影響で下火になりましたが、1988年のソウルオリンピックでエキジビションゲームとしてボウリングが行なわれるほど、日本以外のアジアやアメリカでは根強い人気を示してきたボーリングが、四半世紀の時を経て、再び日本でも人気になってきたのは、かったのボーリングブームを知る人には、懐かしさと昭和へのノスタルジーを感じさせるモノがあるらしいです。


そうした歴史を持つ日本のボーリングは、地上波のテレビ番組も製作されるだけでなく、CSやBSの衛星放送でも専門番組が放映されていて、世界大会も行なわれるようになっていますから、ほぼゴルフなどのスポーツと同様、プロのトーナメントも定期的に開催され人気になっています。インターネットでも、ボーリングを紹介したサイトは数多く開設されていますし、ボールやシューズウエアやその他のボーリンググッズが通販で販売されており、着実にボーリング人口は増えてきています。


高齢化社会を迎えた日本にとって、中高年の人にとっては、かって取った杵柄ではありませんが、ボーリングブームの時に、夢中になっていた人は多く、それらの人が中心となって、ゴルフよりもお手軽で、安い費用で楽しめるボーリングが復活してきたのだと考えられます。どちらにしてもストライクを取ったときの爽快感は、ストレスの多い現代社会においては、ストレス解消法としてもお勧めです。


ラベル:ボウリング
posted by 智恵蔵 at 10:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

ベネッセ



ベネッセは通信教育の会社であり、取り扱っている分野も教育、育児、語学、介護などあらゆる分野を網羅しています。ベネッセの前身は、1955年に遡る中学向けの図書や生徒手帳などを取り扱う岡山県の福武書店でしたが、大学受験用の通信講座「進研ゼミ」や「進研模試」などで、一気に事業を拡大し、中学受験から高校、大学受験、更に語学検定や国家資格の受験の通信教育の分野まで全てをカバーする、国内最大手の通信教育の会社となっています。


1995年に企業名を株式会社ベネッセコーポレーションに改名し、2000年には東証1部へ株式上場するまでに成長しました。ベネッセは通信教育の分野だけでなく、出版分野でも「サンキュ!」、「たまひよこっこクラブ」、「ボンメルシィ!」、「いぬのきもち」、「ねこのきもち」など創刊していますが、食材宅配の部門にも進出し、更に介護サービスの事業も手がけるようになっています。通信教育の会社と断ずるには、今のベネッセの事業内容は多伎に渡りすぎていますが、基本的な事業の中核は通信教育と言えますが、学生向けだけでなく、幼児から社会人に至るまで、必要とされる教育に関しての通信講座を網羅していると言って過言ではなく、それらの通信教育事業とインターネットに代表されるIT技術を融合したサービスも展開し、更なる事業展開を進めています。今では東京大学大学院や東京大学教育学部と業務提携を果たして、通信教育のカリキュラムを共同開発するなど、積極的な教材開発を進めているところは、他の通信教育の会社とレベルの違いを見せ付けています。


ベネッセは、分野は多少違っていますがリクルートと良く似た事業展開を見せています。リクルートが大学卒業性を対象として、クライアントを企業にしていたのに対して、ベネッセは学生を対象として、教育機関をクライアントにしている点が大きな違いと言えますが、どちらも出版事業がベースにあり、そこから派生的な事業展開を行なって、拡大していった経緯は酷似しています。ただしリクルートが出版事業に注力しているのに対して、ベネッセは通信教育に注力し、その対象を全ての年齢層に広げている点は、他に例を見ないビジネスモデルです。


これだけ広範囲に事業展開するためには、企業としての経営の指針をしっかり持つ必要があると言えますが、ベネッセの公式サイトで表明されているように、「日常の生活の中で生まれる課題」の解決がベネッセの企業理念といえるもので、至極自然体なスタンスである事に感心させられます。


ラベル:ベネッセ
posted by 智恵蔵 at 16:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

ベクター



ベクターは、国内最大規模のオンラインソフトウェア流通サイトですが、ダウンロードライブラリだけでなく、ソフトに関する紹介記事やメールニュース等で常に最新のコンテンツを紹介していますし、メールマガジンも配信していますから、知りたい分野の情報も手軽に手にいれる事が出来ます。


有償無償に関わらず、フリーソフトやプロダクトソフトのライセンス・パッケージ販売についても詳しい情報が手に入り、IT技術者にとっては、人気のサイトになっています。ベクターは「杜の窓」の様なフリーソフト主体のダウンロードサイトと違って、有償なプロダクトソフトも同様に取り扱っているところが特徴で、正規のITビジネスを行っている会社の技術者にとっては、新技術の情報を得るには欠かせないサイトと言えます。


最近のベクターは、以前に比べて商業的な性格が濃くなる傾向にあり、ソフトウエアのダウンロードサービスだけではなく、写真集や電子雑誌や書籍、PCの本体やパ−ツの通販も行なっており、IT関連のソフトハード、技術関連、エンターテイメント関連と、百貨店のような様相を呈してきました。


インターネットのウェッブサイトの常で、そのサイトの目的が何であれ、アクセス数が多いサイトは、いろいろなビジネスを展開するもので、ベクターも同様の進化を果たしたに過ぎないと言えます。ベクターはそれでも、ソフトウエアに特化した部分を多く残しており、開発者向けの人気ソフトのランキングなども掲載していますし、ジャンルに関係なくダウンロードの人気ソフトのランキングも掲載されています。ベクターの硬軟取り混ぜたコンテンツの内容は、ごった煮とも思える脈絡のなさが、むしろ面白いアイデアを生むきっかけとなってくれます。ソフトウェアのトレンドと言うか、マルチの違った分野のトレンドを知る事は、柔軟な発想を呼び覚ましてくれて、ワンパターンになって硬直しがちな思考を柔らかくするのには、もってこいのサイトと言えます。


ベクターはソフトウエアに関する情報を、OSによる分類や、メーカー別分類、機能別分類とさまざまな角度でジャンル分けしているので、開発者だけでなく一般のユーザーにとっても分かりやすいサイト構成がとられています。電子コンテンツやダウンロードのソフトに関しては、ないものはないと言って良いほどのラインアップを誇っていますが、流石に音楽関係や映画館関係のダウンロードはなく、著作権に関してはかなり厳しい姿勢を示していますが、その半面アダルト関連が多くなっているのは、ベクターのイメージを損なうもので、いただけません。


ラベル:ベクター
posted by 智恵蔵 at 10:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。